読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

徒然なる備忘録

他人に言えなくもないけど特別語る相手もいない趣味についてやりたい放題したいブログ

映画『聲の形』 感想

 良かったです。動いてる西宮ちゃん、喋ってる西宮ちゃんを見られただけでも、アニメ化した甲斐があったと思います。しかし、「原作越え」は出来なかったなぁ、という印象も強いです。勿論、動いてる西宮ちゃん、喋ってる西宮ちゃんが見られただけでも映画館まで足を運んだ甲斐はあったのですが。

逆に、「原作超え」を果たしたアニメってなんでしょう。京アニという括りで見れば、過去、原作越えを果たしたアニメはいくつか思い浮かびます。

kanon

Kanon 1 [DVD]

Kanon 1 [DVD]

 

  言わずもがな、原作はかの有名な恋愛アドベンチャーゲームkanonです。このアニメは、これから挙げる原作越えアニメの中でも特に評価したい。

とにかく良くまとめられているんですよ。ちょっと粗削りでもやもやする原作の箇所も、非常に上手く補完されている。kanonというひとつの作品としてのまとまりがあって、これは原作では味わえない、アニメならではの要素です。監督の技量が感じられる一作でありました。

恋愛アドベンチャーゲームというのは、コンテンツの性質上、どうしても敬遠されがちですが、このkanonに関して言えば、「恋愛シュミレーションゲームに抵抗があるなら原作は無視していい、アニメでも十分だから」と胸を張って布教できます。それくらい魅力あるアニメなので、まだ見たことのない人は是非。最近、コンパクトエディション(廉価版)が発売されたので比較的リーズナブルに購入できるかも。

AIR

AIR 1 初回限定版 [DVD]

AIR 1 初回限定版 [DVD]

 

 こちらも原作は、かの有名な恋愛アドベンチャーゲームAIRです。なんとも今回の聲の形を彷彿とさせる端折り感。1クールにDream編、Summer編、AIR編の全てを詰め込んでいます。んな無茶な!と原作プレイ済みの方なら誰しも思うはず。しかし、その無茶を押し通して上手くまとめてしまうのが京アニです。

確かに内容は端折りまくりですが、それを気にさせない演出の素晴らしさ。特に、最後の(ネタバレになるから言いませんが)有名なシーンは、涙なしにはいられない。暫く呆然として何も考えられなくなるくらいに素晴らしいです。「ああ、これは原作越えたなぁ」と思った方も決して少なくはないはず。勿論、原作にも原作の素晴らしさはありますが、アニメだからこそできる演出もあることを我々視聴者に痛感させました。

CLANNAD

CLANNAD 1 (初回限定版) [DVD]

CLANNAD 1 (初回限定版) [DVD]

 

  こちらも原作はかの有名な(ry。恐らく、ここに挙げた作品の中で一番有名でしょう。少しでもアニメやゲームを齧っている方なら、名前を聞いたことがない人はいないくらいには有名だと思います。

原作を知っている方なら分かると思いますが、このCLANNADというゲームは、とにかく長いです。人生と称されても仕方のないくらい長いです。AIRkanonの比ではありません。とにかくなっがいんです。なので、この作品をAIRのように1クールに収めるなんて不可能といってよいでしょう。

で、肝心の本編は何話なのかというと、2クール+2クールの、全部で4クールになります。従って、端折られている箇所が殆どないのが特徴になります。本当にありません。kanonと同様、「アニメだけ見ればいい」で布教できる数少ない恋愛アドベンチャーゲームとも言えます。

原作を凌ぐ力で我々を泣かせにきます。kanonは視聴後に、AIRはあの有名なシーンの時に、「原作超え」を実感しましたが、このCLANNADに関しては、気がついたら原作超えてたって感じです。随所随所にアニメならではの演出が遺憾なく発揮されており、アニメであることの特性を活かしきった非常に良く出来た作品と言えます。

 

さて、ここまで読んで下さっている方は、「聲の形の感想」がいつの間にか「京アニkey作品の布教記事」へとすり替えられていることに気がついているかもしれません。まぁ、あまり気にしない方が良いと思います。

 

 話を戻しましょう。今挙げた三作品は、個人的に「原作越え」を果たした作品達です。しかし、今回の聲の形に関しては、最初に話した通り、原作超えはできなかったと思うのです。

 まず、どうしても「端折り」が気になってしまいます。この「端折り」の所為で、どこか内容が上滑りしてしまっているように感じました。原作を読んでいて多少は脳内補完されている私ですらこう感じたのに、初見の方は大丈夫だったのだろうか、少し心配になります。

ラストの橋の上でのシーンとか。悪くない、決して悪くはないんだが…細部まで丁寧に描写された原作の方が感動したんですよね。これも、やはり端折りすぎな所為かもしれません。上記のAIRも同じ端折り過ぎアニメでしたが、抑えどころは抑えられているので、ちゃんと映えるシーンは映えていて、特に視聴者に違和感を与えなかったんですよね。

そう、抑えどころさえ抑えられていればいいんです。だからといって聲の形にそれができなかったのかというと、抑えるべき重要な箇所までは削られてなかったような気もします。となると、 何が一番悪かったのか。恐らく、物語の進行が速すぎたのが原因じゃないかなぁと感じました。要点は抑えられていても、その過程の描写が不十分な為、突拍子もなく感じられてしまう。もっと、何気ない日常的な描写を積み重ねることが出来たら良かったのではないかと思います。

 しかし、映画は二時間ちょい。この二時間ちょいに内容を収める為には、要点だけ掻い摘んで詰め込むのも仕方がなかったのかもしれません。私個人の感想としては、映画ではなく深夜アニメでじっくり放送してほしかったです。売上とか、色々絡んでるから難しいんだろうなぁ。でも、作品としては1クール使ってまとめた方が良かった気はします。